5日目は、前日行けなかった「納沙布岬」から。
納沙布岬までのルートは2つあり、どちらも走りましたが海と牧場と風車の見える「北側ルート」がおすすめ。
あとでビデオアップしたいのですが気持ちいい道でした。

なんかどんよりした写真ですが、
今日は本当は朝から雨の予定でしたが
まだ降ってません。

納沙布岬に到着。

写真撮ったり、お土産買ったりしながら過ごしてから、レインスーツを着て北に向かい出発!

野付半島の近くを通りましたが、台風が来てるのもあって波が高く
行くのが怖いと言って走るのをやめました。

バイクが大きいので、Uターンするのも一苦労。道の左右がすぐ海の野付半島は怖すぎました…

今思えば野付半島も行けばよかったですが、私はこのバイクでこれから行く知床峠が怖く、なるべく雨が降っていない時に通過したかったのですが・・・

知床峠に入る前の羅臼で雨が降り始めたのでした><

霧も出て来てバイザーは曇り、
雨でシールドが見えにくくなり
しかも知床峠の山道。

車体が重く、曲がりにくいので
時速40キロぐらいで進むしかなく
夫は遥か前を走って行ってしまい

峠を越えるまで緊張で、肩と首がガチガチになりました。

前に知床峠を通った時も
霧で2メートル前しか見えず大変でしたが
今回は、鹿飛び出しというハプニングが・・・

スポンサーリンク

知床峠は直線で20kmくらいだから、30分ほどで抜けられるのですが今回は、なんだか盛りだくさんすぎて笑っちゃいました。

ビデオはないのですが、キタキツネにも遭遇しました。

知床五湖につく頃には晴れていました。
こんな不思議な雲も見れました。

前回もそうでしたが、こちら側(知床五湖)は晴れていて
羅臼側が雨ということが多いみたいですね。

 

峠越えをしてからふと見ると看板が。
「天に続く道」


ずーっと下って行くと斜里の街中までいけます!

そして、斜里から涛沸湖を通り、斜里国道(国道244号線)からオホーツクカントリークラブ方面に左折し、道道246号線からメルヘンの丘へ抜ける道はどのガイドにも載ってませんでしたがいい道でした!

メルヘンの丘到着!

だいたいこの辺で4:30くらいになっていました。

今日の宿はここ。

本格イタリア料理 ペンション わにの家


着いてから早々にお風呂をいただき、
美味しい食事をいただき、ぐっすり眠りました。

★2018年の北海道旅をまとめました★

北海道旅 まとめページ

スポンサーリンク