もうすぐ旅も終わりなので、食事して落ち着いた頃にエストレヤ の持ち帰りの段取りをしなければいけないので、保険会社に電話してみました。

今、北海道にいる事、苫小牧にバイクがある事を伝え、最初はバイクを引き取りに行きますとの事でしたが、バイクの引き取り先を伝える時に、そこがバイク屋さんと伝えたら、

「修理工場に運ばれたものは引き取りできません」

との事・・・

え〜そうなの?知らなかった・・・

つまり、走っていてバイクが故障してすぐにロードサービスを呼んでいたら、その日のレッカー代や、家に帰るまでの費用などは見てもらえるけど、一度修理に出してしまったらそのサービスは受けられないとの事。

電話の向こうのお姉さんも申し訳なさそうな感じでしたので、

「・・・わかりました」

という事で電話を切って困ったな〜どうしようかな〜と話し合いました。

 

こうなったら、フェリーにさえバイクを乗せてしまえばなんとかなるだろうという事で、新日本海フェリーに電話。

「自走しないバイクは乗せられません」

フェリーに押してのせるということができないとの事。

困ったな〜、鍵は私が持っているし、修理を今してもらえない状況だし、もう、どうしようもない感じ;;

最悪、BHS(バイクヒッチハイクサービス)で送ることになりそう・・・

ツーアンドフォーさんに電話したら
「見とこうと思ったけど、バイクの鍵がないからあんまり手をかけられなかったけど、BHSでってことなら手配できるよ!」

スポンサーリンク

と、言ってくださいました。

実は、BHSのことは、バイクをツーアンドフォーさんの修理工場に運んだ時に聞いていて、私の前に修理で駆け込んできた旅人が、エンジントラブルでBHSにするかどうか悩んで、バイクを北海道に乗り捨てて帰った話を聞いていたので、案としてはずっとありました。

捨てて帰った人はカワサキ 250TRだったらしく、ほとんどエストレヤ と同じバイクだねって事で聞いていたんですけどね。

私は捨てていかないよ!

という事で、今月の給料からドカンドカンと痛い出費が続くのでした・・・

<わかった事>
・バイクが故障したらバイクの保険会社にすぐに電話して相談!
・フェリーには自走しないバイクは乗せられない。
・ロードサービスの条件など、保険証書は事前によく確認!

★2018年の北海道旅をまとめました★

北海道旅 まとめページ

 

スポンサーリンク