またまた私のエストレヤがお出かけ前にトラブルです。

今度はスロットルワイヤーが切れてしまいました・・・
出かける前に切れてくれたのでかえって良かったかもしれないと思いましたが、キャブレターに続き、またか〜と言う感じ^^;

仕方がないのでその日はVストローム250でツーリング出かけ、いつもお世話になっているバイク屋さんで部品を注文しました。

エストレヤのスロットルワイヤーは“引き”と“戻し”がありますが、引きの方が切れました。だけど大事をとってオープニングとクロージング2本とも注文。

またしても、純正のスロットルワイヤーは骨董品のため、メーカー在庫はあと3本とか4本しかない状況。お店の人に「全部買い占めといたら〜?^^」とからかわれてしまいましたよ・・・。注文する方はお早めにね!

ワイヤーが届いてからお休みの日に夫が交換作業してくれました。

交換作業の覚書です。

スポンサーリンク

エストレヤスロットル交換の手順

【用意するもの】
スロットルワイヤー2本
プラスドライバーなど工具
グリース・LSベルハンマースプレー
パーツクリーナー
キッチンペーパー

1、タンクを外します。

2、スロットルワイヤーを外します

スロットルハウジングの部分と、キャブレターに繋がってる部分を外していき、本体から外していきます。

スポンサーリンク

3、清掃とグリスアップ

せっかくワイヤーを外したので、パーツクリーナーを使ってスロットルハウジングやスロットルコーン、ワイヤーの通り道などを掃除していきます。キッチンペーパーで拭いていきます。

古いグリスを掃除して新たにグリスアップします。
スロットルワイヤーにはLSベルハンマースプレーで滑りが良くなるようにワイヤーとカバーの中に液を充填していきます。

4、スロットルワイヤーを取り付ける

遊びの調整などはサービスマニュアルを見て調整していきます。

5、スロットルハウジングを取り付けて出来上がり

今回使用したグリスなど

ちょっとお値段のするものになりますが、潤滑剤のLSベルハンマーをエストレヤのためにと使ってくれました。

このおかげかスロットルが軽くなったような気がします。

絶版車とかパーツが廃盤になってるようなバイクが好きな方は、このビデオが参考になるかと思いますし面白いので時間のある時に見てください〜^^

↓これは今回使ったグリース

スポンサーリンク